2011年08月02日

kill teamクリアしました(ネタバレ含む)

今回画像無し。
ちょっと前に始めてたXBOX arcadeのWarHammer40000: kill teamをクリアしました。
極射撃型のスタンガードベテラン、極接近戦型のヴァンガードベテランの
両方です。
いや面白かった。特にオルクのクルーザの内部が見ることができたのは
大きい。ほんとにスクラップを重ねて作った船って感じで微笑ましいです。

ステージは全部で5つ。
ストーリー:ある惑星にせまりつつあるオルクのブチ殺り艦にスペースマリ−ンが
      カエスタス・アサラウトラムで突っ込んでオルクを殲滅する。

はい、簡潔ですね。
1ステージ目はブチ殺り艦のエンジンを止めろ。
2ステージ目はブチ殺り艦のジェネレーターを破壊しろ。
3ステージ目はウォーボスを追い詰めろ
4ステージ目は艦橋を目指せ。
5ステージ目はウォーボスを殺せ。
だったかと。
ステージ1と3以外はボスがおり、順にウィアードボゥイ、ハイヴタイラント、
ストンパ(ウォーボス)と戦うことになります。ステージの途中、オルクの
テリー・ポーターが暴走を起こしティラニッドが棲む惑星か群生艦隊内部に
繋がったらしく、ティラニッドとも戦う羽目に。
最後のストンパは徐々に武装を破壊しながら最後に大爆発、という終わりです。

このゲーム、重要オブジェクトや巨大ボスの破壊は射撃でかたをつけることに
なるので、射撃兵器がミジンコみたいに弱いヴァンガードベテランは辛かったです。
ライトニングクロー片手にオルクやティラニッド相手に無双しまくるヴァンガードベテランを
見るのは楽しかったですが。
かといってスタンガードベテランが樂だったかというとそうではなく、雑魚が数多く
出てくると殲滅スピードがおっつかずにリンチで死亡、というケースも沢山有りました。
ボス戦だろうとそうでなかろうと、雑魚は常に沢山出てくるので、接近されると弱いのです。
こんなん相手によく1人で勝つな、という感想でしてw、
日々、マリーンはこんな感じで戦って帝国を守っているのですね。帝国万歳!

他には、キャラクタ−ごとに必殺技がありまして、スタンガードはラピッドファイア、
ライブラリアンはボーテックスオブドゥーム、テックマリーンはタレットを呼び出す、という
ものです。そんな中、ヴァンガードの必殺技はジェットパックを吹かして敵に
突撃するという。何それ。跳べ!DoW2みたいに衝撃波で敵をふっとばし、
自分はその衝撃で甲板踏み抜いて宇宙に落下しろ(見下ろし型のガントレットゲームだから
跳んだって、という理由なんでしょうけど)!

あとはバランス型のライブラリアンとテックマリーンでクリアしたら終了。
1,000円未満にしては良いゲームでした。
あとはちょくちょくプレイしながら本編(Warhammer40000:Space Marine)を待つだけです。

最後に。オルキッシュでスペースマリーンのことを「スパイスマリーン!」と発音してたのには笑いました。
posted by XIII at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 電源ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。