2011年12月04日

WarHammer40000:SpaceMarine Collector's Editionを手に入れたのでした

しばらく更新してませんでしたが、ちょっとづつ再開します。

さて、40Kやってる方ならほとんどご存知かと思いますが、
電源ゲームでWarHammer 40000: Space Marineが発売されたのでした。
サイバーフロントさんから日本語版が出てるので、まだされて無い方は、是非。

しかしながら英語版で出ていた限定版、あれは日本語版にはありません。
なので、某ショップで取り寄せをしてもらいました。
正直ボッタクリとしか思えないくらい利益乗せられました(50%とか乗せられた)が
まあそれはそれとして。

かくて無事到着したのです(ばーん)
tokuten1.jpg
見てくれよこの仰々しさ(馴れ馴れしく)。
コデックススタイルっぽいんだぜ。はったりが利いてて良い感じじゃないか。
tokuten11.jpgtokuten12.jpg
そしてこれが付属のおまけの数々だ。
tokuten2.jpg

不自然に馴れ馴れしい口調はさておき、
ピュアリティシール、ゲームに出てくる人物達のトレーディング(風)カード、
サウンドトラックCD、そしてアートブックの4点は実に価値があるものでした。
価値がありすぎて、カードが入ってる箱を逆さに写してるのに気付かないくらいですw

アートブックとか、こんな調子で全編に渡って熱いスケッチが。
tokuten3.jpg
サウンドトラックCDは市販されてるものと同じ内容のものです。
いやもう興奮する興奮する。

ゲームの内容はRmanさんのサイト、Realm of Rmanにて紹介されてるので
こちらは省きます。
ただ、スペースマリーンの一騎当千の強さや、
今までミニチュアでしか見ることの無かったチェインソード、サンダーハンマー、
メルタやプラズマ兵器の動作などは、40Kファンなら是非見てもらいたいです。
マリーンが好きなら絶対興奮します。
あ、あとオルク好きも満足するかと。派手に戦って散っていきますw

さて、困ったことにこれをやってミニチュア作りたくなったのは良いのですが、
帝国の建築物作りたくなってきましたw今買ってる帝国の都市を組み上げたら、
スチレンボードやプラ板で何か作ってみようかしら。
posted by XIII at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 電源ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。