2013年09月27日

オルク ルータを作りましたよ

製作期間半年!
と一部の方には吹いてましたが、3ヶ月が正解でした。
しかし30体のうち26体をコンヴァージョンしてなるべく違うカラーで
ペイントして…って考えるとよく3ヶ月で仕上げた俺。よくやった俺。

ベースデコレートはこれからなのでまずは仮完成ってことで。

30匹ルータちゃん大行進。
loota0.jpg

何やら前面に盾つけてる奴とかプロペラ付いてる奴とかいますが、
ルータの設定「デフガンは同じ外見の奴なんてないよ」を実現するために改造してます。
完全に形が違うデフガン作ろうとしたら何年がかりの作業になりかねないので、
銃身を別のパーツに変えてます。
この涙ぐましい計画表を見よ(バーン)
keikakuhyo.JPG
流石にいきあたりばったりで作るのは難しかったので
取り回し重視とか白兵戦用だとかカテゴリー分けして改造の指針を決めたのでした
(でも性能は全部一緒)。今見ると恥ずかしいので解像度は低めでひとつ。


途中、ルータのオルク部分が足りなくなったので、5箱買って1箱しか作ってない
ブラックリーチのオルクの両腕を落としてルータボゥイに仕立て上げてます。
ブラックリーチはほんまええスターターやで…(しみじみ

1体1体写真を撮って解説することもできますがめんどいので2体だけピックアップ。
突撃性能強化タイプのローター装着型と、いつまでもダカダカダカっと撃ちまくれるよう
給弾性を高めたドラムマガジン装着型だ(ドラムマガジンを勘違いしている様子)!
loota2.jpg
loota1.jpg


デビュー戦ではネクロンのオーヴァーロードの2+セーブを崩せず成果を出せませんでした。
しかしながら12体でスナップショットで撃ちつつも毎ターン安定してダメージを叩きだしていたので
オルクの射撃弱者っぷりを補う頼もしい存在です。

うちのアーミーは機動性がないので、そろそろバイクやビークルを
本格強化する時期に来た感じか。
posted by XIII at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | warhammer40k | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/375907257
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。