2014年01月24日

バットマン:アーカムビギンズ終わったー(ネタバレ注意)

年末からちまちまと箱版バットマン:アーカムビギンズやって、
やっと終わったのでした。これでアーカム3部作終了ですね。
アメコミ初心者ですらない、映画見てバットマンが好きになったにわかですが大変楽しみました。

アフィリエイト注意



以下感想。ネタバレ入りますよー。
まだ警察にすらコスプレ一人自警団扱いされてた頃のバットマンの活躍を描いたストーリー。
ジョーカーがバットマンという運命の人を認識し、恋するシーンもばっちり(マジ)。
別の意味で宿敵ベインもバッチリ活躍。こいつにいたっては3回戦闘するという。

バットマンをつけ狙う暗殺者がベイン除き7人。
ゴッサム中にいる犯罪者、汚職警官が数え切れないほど。
他にも何件も発生する殺人事件を追って解決したり。

これをバットマンが聖夜の夜、つまり一晩で解決します。
すげぇ…プレイ時間が既に20時間過ぎてるのにまだ夜が明けないのがすげぇよ…!

ド素人がボタン連打するだけでバットマンのかっこいい格闘シーンが拝めるフリーフローコンバットは健在。
今回も登場するリドラー=エニグマの謎解きはやさしくなってちょうど良い難易度に。
シリーズのお約束、ストーリーが進むごとにボロボロになってくバットマンのコスチュームも!
勿論空も滑空できるよ!

不満があるとしたらゴードンがエンディング時にようやくちょっとデレたのみで、
ここからアーカムアサイラム(1作目)で親密な協力体制が築かれたのか全く想像できなかったこと。
ツンデレヒロインかお前は、と思ったがそういやこの人もともとヒロイン体質よね、と納得したり。

名執事アルフレッド氏にも見せ場あり。この人もヒロイン体質だ。

アメコミのバットマンへの入り口にはいいのかもしれませんね。
自分はいかなかったが。
買って満足の一本でした。
posted by XIII at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 電源ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。