2014年02月14日

ディストピアンウォーズ800P戦 in 2/11

2/11祭日に友人とミニチュアゲームしてたのでした。
お題目はディストピアンウォーズ800P戦 & ウォーマシン15P戦!

まずはブームが起こっているディストピアンウォーズに
徳ミニ会ディストピアンウォーズ部(※2名)で800P。

今回オデの烈日はスターターにツクヨミクラスウォージャイロと
フウジンクラスコルベットを加えた800P。
対するは、スターターにフリートキャリアを加えたプロイセンの800P。
シナリオは敵勢力の70%をせん滅するアレです。

いざ開戦!
1ターン目。
dturn1.jpg相手コルベットを撃ちたいがためにいきなり横っ腹を見せる
愚かなナカツクラスクルーザーwその割には相手にほとんどダメージは与えられず。
対照的にプロイセンはテスラ兵器で烈日のボマーやウォージャイロに的確にダメージを
与えてきます。



2ターン目。
dturn2.jpg
バトルマットに上がってきて観戦する海神シンイチ様のもと、
烈日のウォージャイロが大きく前進…したかったが、近くにいるボマーが
邪魔で好位置を取ることができず、1ラウンドの猶予を与えてしまいます。
そこにすかさずプロイセンが火力を集中し、凄い勢いでウォージャイロに損害を
重ねていきます。またフライヤートークンも見た目に似合わぬ火力で
ソコツクラスバトルシップにダメージを与えていきます。
このターン、烈日は敵小型艦をなんとか殲滅していきますが、プロイセンは烈日の
大型艦に焦点を絞りダメージを稼いだ形。


3ターン目。
dturn3.jpg
見事な混戦模様。
ようやく至近距離でツクヨミクラスが全砲門を開くも、蓄積したダメージが災いし
相手への損害は無し。烈日のソコツクラスバトルシップもまたプロイセンのフライヤー、
バトルシップ、更にクルーザーから集中砲火を浴び陥落寸前。

そして終局。
dturnfinish.jpg
烈日のバトルシップもウォージャイロもあと1点で陥落というところまで
追い詰められ、最後はバトルシップが落とされて終了。

うーん、私の運用の仕方もたいがい悪いのですが(特にクルーザーェ…)、
相手の手数がこちらより2−3手多く、先攻だったにも関わらず後手後手に回った感です。
あとポイントを稼ぐという意味でも小型艦ばかり落としてたのも失敗でした。
大鑑巨砲とばかりに大型ユニットを入れましたが、こっちもフリートキャリア入れないと
いけないと実感した戦いでした。あとテスラ怖い。爆撃機ですらレンジバンド4から
撃ってくるって何事すか。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/388516124
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。